So-net無料ブログ作成
生きもの ブログトップ
前の10件 | -

1/25 久しぶりのカニ [生きもの]

今日は大潮です。
満潮時にクロツラヘラサギを見ることができました。

DSCN3315_R.JPG
クロツラヘラサギ4羽 お休み中

DSCN3305_R.JPG
写真の中ほど、マングローブの根近くにアカアシシギの群れがいます。
分かりますか?

DSCN3307_R.JPG
アップにするとこんな感じです。
見えているアカアシシギだけで23個体、マングローブの陰などにもっといたかもしれません。

干潮時に鳥を探してみました。

DSCN3335_R.JPG
木道から見ることが出来たのはアカアシシギ3羽…。

う~ん、少ないです。残念・・・と思っていたところ久しぶりにカニを発見!

DSCN3341tri_R.jpg
リュウキュウシオマネキっぽい

この日の気温は26℃。小春日和です。

よく探してみると色々なカニが出てきて餌を食べていました。

DSCN3355tri_R.jpg
ヤエヤマシオマネキ(オス)

DSCN3360tri_R.jpg
ヤエヤマシオマネキ メス?
↑この辺りにただの「シオマネキ」が以前いたと聞いているのですが見つけられませんでした・・・。

DSCN3361tri_R.jpg
ベニシオマネキ

DSCN3363tri_R.jpg
リュウキュウアシハラガニ

それにしても冬のカニたち。ほとんど姿を見かけません。どこで餌を食べているのかフシギでした。
皆さんも冬のカニを見つけに来てくださいね。

(おまけ)
どこからか流れてきたシュリマイマイ(陸貝)の殻がありました。
DSCN3346tri_R.jpg

センター周辺では陸貝は少ないです。見つけたらスタッフまで教えて下さい。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウグイス?じゃなくてムジセッカです! [生きもの]

 本日(1/19)いつもお世話になっているYさんがムジセッカがいるよと教えて下さりました。
 
 実は、ムジセッカ、昨年12/15の木道点検でムジセッカっぽい鳴き声が聞こえる、とスタッフのIさんが確認していたのですが
その後はポツポツとまばらの記録しかありませんでした。

 朝一の木道点検でレギュラーメンバーは確認したのですが、見落とした・・・、と悔やみつつ早速、再チャレンジ。シジュウカラやヒヨドリに混じってそれっぽい鳴き声が・・・。実はムジセッカ、見た目もウグイスに激似です。図鑑では「タッタッ」と記載されているものもあるのですが、ウグイスの地なきより少し高め(ここ大事!)のジャッジャッという風に聞こえます。

バードリサーチ鳴き声図鑑
https://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html

 陸鳥は、日の出から日が高くなる前までがいちばん鳴き声を確認しやすいです。
皆さんもぜひ朝のセンターでムジセッカの鳴き声を探してみてくださいね~。
 お待ちしていま~す。
 
※ ムジセッカ:ムシクイ科ムシクイ属 数少ない旅鳥または冬鳥、八重山諸島で少数が越冬。
地なきは乾いた声で「タッタッ」「チョッチョッ」。連続して速く鳴くことも多い。
参考:「日本の野鳥650」平凡社

※センターは朝9時から開館です。それ以前は木道点検や開館準備のため木道に入れません。ご了承ください。

 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/16 ハイイロオウチュウ! Ashy Drongo [生きもの]

10/16 草刈りの翌日のことです。
朝、木道で変わった鳥の鳴き声が聞こえる、珍しい鳥かも!とIさんが発見、写真撮影をしました。

それがこちら↓

20191016_mankotri_R10.jpg
▲ハイイロオウチュウ (スズメ目オウチュウ科オウチュウ属)
全身暗灰色、眼の周囲が白色、最尾羽が長いという特徴があります。

いつもお世話になっているYさんに確認して頂いたところ、ハイイロオウチュウで間違いないとのこと。漫湖では初記録、新聞に投稿して良いぐらいとても珍しい鳥だそうです。

沖縄本島では過去に浦添大公園で越冬した記録がありますが、多くはないそう。

さえずりも、とてもきれいな声です。
☆(参考)ハイイロオウチュウのさえずり ☆
https://www.youtube.com/watch?v=Qhm5lLUnHBk

陸鳥なので姿を見ることは難しいかもしれませんが、湿地センターにいらした際は、ぜひ声が聞こえないか来てみてくださいね。

また、ご来館者の皆さまのうち、見ることができた!声が聞こえたという方はぜひスタッフにお声かけ下さい。情報提供、どうぞよろしくお願いします!

※観察の際は鳥への配慮をお願いします。

ハイイロオウチュウ (2019/10/16撮影)
DSCN0785tri_R.jpg

DSCN0786tri_R10.jpg

DSCN0787tri_R10.jpg

DSCN0789tri_R10.jpg

DSCN0790tri_R10.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9/27 カワセミとホシゴイ [生きもの]

9/27、大潮の満潮時は少し変わった景色をみることができます。

DSCN1259_R0928.JPG
浮かんでいるみたいなセンター 

DSCN1257_R0928.JPG
ヤエヤマヒルギも樹冠(じゅかん)まで水没

カワセミが姿をみせてくれました。

DSCN1251tri_R0928.jpg
ダイビング直後のカワセミ(メス)
口が開いています。

DSCN1254tri_R0928.jpg
気づかれてしまいました。
だいぶ距離があったのですが・・・。鳥の目はすごいです。

DSCN1262_R0928.JPG
伐採区 遠くにサギやシギの仲間がたくさん。

DSCN1283_R0928.JPG
マングローブの根元にアカアシシギなどが集まっていました。

DSCN1301tri_R0928.jpg
木道近くで、ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)も。

※おまけ※

翌朝は、お世話になっているYさんが教えて下さったコムシクイ(※)を探しました。
声は聞こえど(多分)、姿は見えず・・・。残念!

(※漫湖初記録だそうです。
参照:コムシクイの鳴き声 https://db3.bird-research.jp/saezuri/birdsong/detail/568

代わりにカミキリの仲間がセンタードアの近くにいました。

DSCN1308_R0928.JPG
オキナワキボシカミキリ?

コムシクイ、ぜひ皆さんも探してみて下さい!
情報お待ちしています!!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9/6 漫湖の鳥たち [生きもの]

台風シーズン到来ですが、9月はいろいろな鳥をみることができます。

シベリアオオハシシギは9/ 7頃(?)を境に目にすることがなくなってしまいましたが、
どこかで元気に旅をしていると良いですね。

kurotura_tamanegi_R.JPG
クロツラヘラサギ 
5月に足を怪我をしてしまった個体です。
この日はセンター近くの干潟(通称:モニタリングフィールド)で餌を食べていました。

sorihashi_R tri new.jpg
ソリハシシギ(幼鳥)

aoashi_R.JPG
アオアシシギ

aosagi_R.JPG
アオサギ

tyuusyaku_R.JPG
チュウシャクシギ

karasu_R.JPG
リュウキュウハシブトガラス
最近、センター近くでも目にするようになりました。

mehirugi_R.JPG
メヒルギ
僅かですが咲いています。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9/3 シベリアオオハシシギやシロハラクイナ [生きもの]

シベリアオオハシシギ、元気に滞在しています。
本日もアカアシシギ、キアシシギと一緒に元気に餌を食べていました。

DSCN1033_R.JPG
長い嘴(くちばし)でぺろんとしたゴカイのようなもの(?)を食べています。

DSCN1058_R.JPG
大きさはアオアシシギと同じくらいでしょうか。

DSCN1073_R.JPG
チュウシャクシギ 木道はお休みポイントです。

DSCN1088_R.JPG
不思議な姿勢でフリーズしていました。

DSCN1018_R.JPG

そのほか、今日はセンター傍でシロハラクイナやカワセミの姿も。
シロハラクイナがセンター近くで確認されるのは、3年ぶりぐらいだそうです。

明日こそ写真記録にチャレンジしたいと思います!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8/31 漫湖みんなで水族館 ~希少種 コンジキハゼ~ [生きもの]

先週から、今年で9年目となる「漫湖みんなで水族館」大好評開催中です。

今年の水族館では、「みんなで水族館」初となるコンジキハゼも確認されました。

コンジキハゼ_01_R.jpg
コンジキハゼ 

コンジキハゼは八重山諸島や沖縄島の河川で確認されていますが、めったに見ることができない希少なハゼだそうです。名前は今の上皇陛下(平成天皇)がおつけになったそうです。

その他にも普段水の中にいて見ることが難しいドロクイの仲間などたくさんの魚を展示しています。

ぜひ漫湖の魚たちに会いに来てください。

お待ちしています!!
 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8/25 シベリアオオハシシギ(ASIAN DOWITCHER)  [生きもの]

旅の途中のシベリアオオハシシギ、今日も元気な姿を見せてくれました。

DSCN1035_R.JPG
長いくちばし

DSCN0933_R.JPG
泥にぶすっと差し込んで

DSCN1046gokum_R.JPG
ごっくん

DSCN0937masyou_R.JPG
真顔 

DSCN0990munagokun_R.JPG
ムナグロもそばで負けじと一生懸命、餌をたべていました。

DSCN0992muna bo_R.JPG
換羽(かんう)の途中だそうです。季節を感じます。

DSCN1018_R.JPG 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8/22 シベリアオオハシシギ! [生きもの]

先日、鳥に詳しい方から漫湖にシベリアオオハシシギが来ていますよ、と情報提供いただきました。

いつもお世話になっているYさんからも間違いない、珍しい鳥ですよ、とのこと。

図鑑によるとシベリアオオハシシギはロシアや中国の一部で繁殖、インドや東南アジアなどで越冬と、とても局所的な分布をしている鳥です。

見たい見たいと思っていたところ、本日、やっと木道から姿を見ることができました。

DSCN0904トリミング_R.jpg

写真が悪くてすみません…。写真中央にいます。

DSCN0894tri_R.jpg

DSCN0904トリミングコピー.jpg

他にもミサゴやアカアシシギ、アオアシシギなどを見ることができました。
DSCN0838_R.JPG

DSCN0816_R.JPG

渡りの途中に漫湖に来た今年しか会えない、見ることができないかもしれない鳥たちだと思うと貴重に感じます。
皆さんも漫湖にぜひ鳥たちを見に来てください。センターにも遊びに来てくださいね。
お待ちしています!

※観察の際は、鳥への配慮をお願いします。

追記)
8/26から漫湖みんなで水族館(ミニ)もスタートします!
一部の魚たちはお披露目が始まっています。
こちらもよろしくお願いします!

DSCN0832_R.JPG

DSCN0836_R.JPG
今年の水族館スタッフいち押し、カマヒレボラ!
こんなにたくさん展示しているのは、多分ここだけだそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7/27 クロツラヘラサギとゴイサギ [生きもの]

昨日、子どもエコクラブのKくんがクロツラヘラサギが4羽いたよ、と教えてくれました。

なかなか見ることができなかったのですが、本日、Mさんもモニタリングフィールドで発見!

DSCN0550_R.JPG
早速そーっと木陰から記念撮影・・・。

DSCN0553_R.JPG
と思ったら、あっさり気付かれました。

DSCN0558_R.JPG
でも、意外にリラックス

DSCN0555_R.JPG
くちばしは下から見るときれいなピンク

クロツラの他にも、昨日からセンター傍のビオトープ小河川にはゴイサギが来ています。

DSCN0528_R.JPG
ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)

ただ、このゴイサギの幼鳥、少しケガしているようです。
※見かけた方は、近づかずなるべく遠くからそっと見守ってあげてください※

DSCN0530_R.JPG
ゴイサギの成鳥もいました。(親?)

DSCN0546_R.JPG
幼鳥の近くで離れないコサギ。(友だち??)

ゴイサギは、沖縄の方言でユーガラサーとよばれています。鳴き声がカラスに似ていて夜(方言で夜≒ユー)などに声が聞こえることが由来だそうです。
暗いときにカラスの鳴き声が聞こえたら、あなたの近くにゴイサギがいるかも・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 生きもの ブログトップ